×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『がっこうぐらし!』学校から帰らない!大好きなみんなと学校で寝泊まりして、そのまま暮らしちゃう!“学園生活部”は、今日も元気いっぱい活動中!~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『学園生活部』メンバー紹介


丈槍 由紀(たけや ゆき) / ゆき - 水瀬いのり

■天真爛漫、学園生活部のムードメーカー
巡ヶ丘学院高校3年生。
ゾンビ騒動以前からケモノ耳ような尖りのある帽子を被っており、翼の飾りが付いたリュックを愛用している。
元々子供っぽい性格であったが、ゾンビ騒動に大きなショックを受けて塞ぎ込んだ後、幼児退行を起こして不自然な形で元気を取り戻し始め、慈の死をきっかけに現状を認識できなくなったかのような言動をとるようになる。
幼児退行する以前の描写は少ないため元の彼女がどのような人物であったのかは不明な点も多い。
平時の視点においては聡い所もある一方で友人の事を大事にしている。

幾度となく肝試し大会(購買部への物資調達)や遠足(ショッピングモールへの物資調達)、体育祭、学園祭、卒業式といった行事を皆に持ちかけており、そのことが行き詰まった状況の打開を促すこともある。
内心では自分が足手まといで庇われていることに対する負い目や、慈を助けられなかったことに対する何らかの悔恨を抱えており、努めて明るく振る舞い皆を励まそうとしたり、目の前の他人に差し迫った危機に対しては自分を省みない行動を取ったりすることができる。
かしこまった際の「ラジャー」や、 謝る際の「ごみん」といった独特の言葉を使う。



恵飛須沢 胡桃(えびすざわ くるみ) / くるみ - 小澤亜李

■シャベルを愛用する元気系少女
巡ヶ丘学院高校3年生で、由紀の親友。
髪型をツインテールにしており、男の子言葉でカラッとした性格。
かつては陸上部に所属しており、そこで培われた脚力や運動能力で由紀たちを助ける。
かつて想いを寄せていた先輩がいたが、ゾンビ化した彼に襲われたため、近くにあった園芸用のシャベルで殺してしまった過去を持つ。
ゾンビと戦う手段としてシャベル格闘術を駆使するようになり、校舎に侵入したゾンビの撃退や、ゾンビの徘徊するエリアで集団行動する際の露払いを担っている。
シャベル(剣先スコップ)と寝食を共にしており、時には背負っていること自体を忘れるなど、まるで身体の一部のように思っている。





若狭 悠里(わかさ ゆうり) / りーさん - M・A・O

■学園生活部部長
巡ヶ丘学院高校3年生。
愛称は「りーさん」
みんなのまとめ役で、料理や掃除を担当する家庭系少女。
普段は穏やかなしっかり者であり、食料や生活物資、校内施設のライフラインを管理するために家計簿をつけている。
本人いわく、家計簿をつけていると「来週のことがわかる」らしい。
ゾンビの注意を逸らして隙を作る手段として校内放送、消火器、ケミカルライト、防犯ブザーを用いることを発案し、その仕込みを怠らないなど、冷静な計画性や先を見越した対処能力などで皆を助ける。
その一方で想定外の事態に対しては脆い一面もあり、今度こそもう無理という状況に追いつめられると平静さを維持できない。
鞣河小学校に通う妹がいる。



直樹 美紀(なおき みき) / みーくん - 高橋李依

■ショッピングモールの最後の生き残り
巡ヶ丘学院高校2年生。
愛称は「みーくん」。
最初から学園生活部の一員ではなく、ショッピングモール「リバーシティ・トロン」にいた避難生活者11人のうちの最後の生き残り。
友人の圭と共にゾンビ禍に巻き込まれ、行動を共にしていた避難グループも全滅し、狭い部屋で極限状況の立て籠もり生活を続けていたところを、ショッピングモールの探索に訪れた学園生活部の面々に救出される。
当初は由紀の空想に付き合う学園生活部のメンバーに反感を抱いており、冷淡な態度で接していたが、本音のぶつかり合いを経て打ち解け、正式な「部員」となる。
単独生活を経験済みであることからゾンビへの対処にも自信を持っており、走力では元陸上部の胡桃に及ばないという描写がされているものの、 胡桃が倒れた際にはシャベルを借り受けて戦いもこなしている。
犬好きであり、太郎丸に好かれようとしている。





佐倉 慈(さくら めぐみ) / めぐねぇ - 茅野愛衣

■巡ヶ丘学院高校の現代国文の女性教師
優しく生徒を思いやる若い教師で、「めぐねぇ」という愛称で生徒から姉のように慕われているが、本人はそう呼ばれるたびに「佐倉先生」と訂正を求める。
学園生活部の顧問で、かつて由紀、胡桃、悠里と共に学校の屋上に避難して生き残り、3人の避難生活を導こうとしていた。
物語開始時点ですでにゾンビに襲われて故人となっているが、由紀の空想の中では生者として振る舞い、由紀にさまざまな助言を行う。
特に由紀が軽率な行動を取ろうとしたり危機に直面したりした場合、空想の中では現状を認識していない由紀に話を合わせながら対処を指示するなど、死してなお由紀を護り続ける。
なお由紀の空想に登場する場合と、回想に登場する場合とでは髪型が異なる。

生前に校長から「緊急避難マニュアル」を渡されていたが、ゾンビ騒動当初は事態を完全に受け入れられず、見ずに放置していた。
深刻さを増す事態の中でようやくマニュアルを開くもすでに遅く、由紀たちに十分な対策処置を施せなかったことにショックを受ける。それでも気丈に由紀たちを見守っていたが、ゾンビの群れの中に取り残されて噛まれてしまう。
完全にゾンビ化する前にひと時だけ人間の心を取り戻すと、由紀たちに危害を加えないよう避難区画の地下2階へ行き、そこで完全にゾンビ化する。
後にそこを見に来た学園生活部と遭遇し、対峙することになる。
劇中でも回想や遺書などから生前の慈は学園生活部の生き残りを守る為に冷徹になったり由紀の幼児退行の件で一人で抱え込むシーンなども見受けられる。
後に学園が火災に巻き込まれた際には悠里にも視認できる影姿で現れ、朦朧とする悠里と由紀を避難区画まで導いており、由紀からは慈に助けられたと認識された。



太郎丸(たろうまる)- 加藤英美里

■ゆきが拾った小型犬
慈の存命中に学園生活部で飼育されていた柴犬。
由紀が拾って連れてきたが、その時点ですでにゾンビ感染していた。
慈は感染の可能性に気がついており、発症を見届けた後に処分された。
由紀には、「元の飼い主が見つかって引き取られた」と虚偽の説明がされている。
美紀には懐いていない、自力で引き戸を開けることができる、といった設定が描かれている。



PR


映画情報

PR


女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


フィギュア情報


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
黒猫 ・・なわけがないver.



PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

【Amazon.co.jp限定】けいおん! Blu-ray BOX